Notre Critique     

『NOTRE CRITIQUE』

刊行物の在庫確認・ご注文は、notre.critique◎gmail.com(◎を@に変えてください)まで。
お値段は1,000円+送料となります。

最新号 バックナンバー1〜3号 4〜6号 7号〜9号

第7号(2011.05.31発行)

   
論説山本昭宏「戦後史のなかの被爆者像
     ―ポピュラー文化における
     その定着と変容を中心に―」
インタビュー成田千尋 「昭和一桁代の南洋移民経験と沖縄戦後闘争
      ―有銘政夫氏に聞く―」
書評大野光明「「沖縄問題」からの離脱
     ―冨山一郎著『流着の思想』を読む」
書評持木良太「基地社会における土地からの引き剥がしと
               人々の移動
    ―鳥山淳著『沖縄/基地社会の起源と
        相克1945-1956』」

第8号(2015.05.31発行)

巻頭言川瀬貴也「別の責任の取り方」
論説船勢 肇 「大学自治論に関する研究史とその課題
      ―デモクラシーと中間領域―」
インタビュー櫻澤 誠
高橋順子
平良好利
「川崎・東京における沖縄返還運動
       ―渡久山長輝氏に聞く」
研究動向白川哲夫「「水道史」の試み
  ―『京都市水道百年史』編纂と琵琶湖疏水記念館」
書評河西秀哉「久保亨・瀬畑源著『国家と秘密 隠される公文書』

第9号(2016.05.31発行)

論説谷川 穣 「『国のすがた』が示す姿
   ―下田歌子の教科書「編纂」とその意味―」
  矢野 亮 「戦後日本型社会保障システムの果てに
   ―一九七〇年代の大阪住吉における
   「まちづくり」を事例として―」
インタビュー成田千尋「全軍労OBが見た米軍施政下の「RYUKYUS」と基地
       ―宮城邦治・豊光氏に聞く―」」
 

index
backnomber
投稿規程
編集委員

メール